フィンランドからログハウスキットを輸出します。

クルタラーデン社

クルタラーデン社

HOME | サウナ

Select Language

SAUNAのストーブ等に関してです。

サウナにはインドア用とアウトドア用があります。
アウトドア用はミニログハウスの中に作ります。
またサウナストーブは電気式と薪式があります。

 
 
 
 サウナはフィンランドが発祥の地です。
フィンランド人はサウナ好きの国民です。フィンランドの人口510万人に対して、サウナは170万個あります。つまり、3人に1つのサウナがあるということです。「サウナ」という最もよく知られたフィンランドの単語は、フィンランド語から広がり世界的な言葉となりました。
サウナ

クルタラーデン社サウナ


フィンランドでは、男性も女性もサウナに入りますが、家族以外では一緒に入ることはあまりありません。フィンランドには公共サウナはほとんどありません、ただしヘルシンキなどの都市部や大型ホテルには公共的なサウナがある場合もあります。個人用サウナを持つことはフィンランド人にとって自然なことであり、それぞれに独自のサウナの入り方があります。「あの人のサウナの入り方は間違っている」とフィンランド人が他の人に対して言うことは決してありません。スチームルーム、ウォッシングルームと恐らく湖や海など戸外のオープンエアーの間を動きながら、あなた自身の体の声をよく聞き、あなたのリズムに従ってください。これは観光客にも当てはまる基本です。伝統的なサウナは木造の建物で、サウナに入る人たちはベンチに座りストーブの石の上に水をかけながら、束ねた白樺の葉で優しく体をたたきます。
サウナストーブ

クルタラーデン社サウナストーブ


 電気サウナは都会のサウナの問題を解決してくれました。1950年代から、集合住宅の地下に住宅用のサウナが作られ、集合住宅の居住者は予約して利用することができます。現在では、ほとんどすべての新しい集合住宅には浴室の隣に独立したサウナが設けられています。これはフィンランドの都会にある住宅の特性です。また、似たようなミニサウナが現代的なホテルのバスルームにも作られています。国際的なホテルライフへのフィンランド流の付加です。
 
インドア サウナ

クルタラーデン社インドアサウナ